Webページ作成とプログラミングの体験談

Webページ作成の仕事をしてます

自分はウェブページの作成を主としており今回お話しする内容もそれに沿った内容となります。

具体的にはコーディングと呼ばれる内容で、提案されたデザインをHTMLやCSSを使って再現する作業を担当しており、その際行ったのはウェブサイトのトップを飾るページのコーディングでした。

自分でデザインを考えるということはなかったため、慣れていない自分にも簡単に行えたのではないかと思います。

仕事を受けた媒体はなく直接の依頼を受け納期までにページを完成させました。

企業のホームページ作成が主な作業です

クライアントさんとの関係もあり詳しくはお話しできないですが、お店のホームページをコーディングによって作成しました。

使った言語はHTMLとCSSのみではありましたが、レイアウトからちょっとしたアニメーションまで様々な効果を再現したため、特に違和感や問題なく作業が完了し満足していただける結果でした。

サイト自体も特殊なことはなく見た目にレイアウト、クリックしたときのアニメーション、リンクの挿入など簡単な内容です。

プログラミングスキルはネットの学習サイトで身につけました

特に学んではいなかったので独学で勉強しその後自分なりに試行錯誤してその仕事に至りました。

その中でも特に使用した教材は「プロゲート」と「ドットインストール」というものです。

プロゲートはプログラミングの学習サイトで、HTMLをはじめとした基本的な言語から、Ruby on railsといった応用したものまでを実践形式で学べます。

後者のドットインストールは説明動画なのですが、投稿者が直接コードを打ち確認している作業が見られるので、模倣がしやすく実践に移す際に役立つ教材です。

リモートで仕事ができるのが最大のメリット

やはりリモートワークで空き時間にできたという点が一番大きいです。

通常のアルバイトや仕事の場合、決められた時間に決められた場所へ行き仕事を行い勤務するのですが、この場合は完全に自分のペースでかつ場所を選ばずできます。

さらにコーディングはインターネットがない環境でも可能であるためパソコンさえあれば本当にいつでも、どこでも作業ができます。

自分はまだまだ青二才ですが、技術を身に着けられれば今の時代こんな働き方もできるんだと新しい発見ができました。

プログラマーは自ら学ばなければいけないことが大変

この仕事での失敗談はありませんが、その技術を習得するまで教えてくれる方がいなかったこともありかなり苦戦しました。

おそらく優秀な方であれば全く問題はないのかもしれませんが、自分はまずコーディングが何なのかや、それをどこで練習するかなど、右も左もわからない状態で習得しなくてはいけないというのが唯一の難点だったと思います。

またそのコーディングがうまくいっていなかった場合、何度もやり直さなくてはいけないということも最初のうちは苦戦しました。

自分で無駄な時間を浪費しないためにも、プログラミングスクールなどでスキルを学ぶと効率的かもしれません。

基本的に授業料がかかりますが、無料のスクールもあるので、僕がいま初心者ならスクールに通って基礎を学んでから仕事に取り組むかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です